お知らせ

1月 16 2021

5歳頃までは、豆やナッツを食べさせないでください。

餅やブドウ、ミニトマト等と同様、豆やナッツも喉に詰まる恐れがあります。
お子様が泣いているときも食べさせないでください。

 

ブドウで4歳児が死亡 乳幼児の窒息事故「丸くてつるっとした食材」に注意 安全な食べ方は?

「東京すくすく(東京新聞)」より引用

 

※参考
硬い豆やナッツ類等は5歳以下の子どもには食べさせないで(消費者庁)
また節分の豆で幼児が窒息死 ~ いつまで死亡事故が繰り返されるのか! ~(山中龍宏小児科医/NPO法人 Safe Kids Japan 理事長)
ブドウで4歳児が死亡 乳幼児の窒息事故「丸くてつるっとした食材」に注意 安全な食べ方は?(東京すくすく)


1月 08 2021

【緊急事態宣言のため中止】1月30日(土)、大ナゴヤツアーズ【冬編】豆菓子専門店「豆福」で楽しむ豆の世界

誠に恐れ入りますが、緊急事態宣言のため本ツアーは中止いたします。
次回の予定は本ホームページ等で改めてお知らせいたします。

参加者アンケートで毎回高い満足度を誇る、豆福三代目がご案内する豆のスペシャルツアーです。工房見学から、豆の食べ比べ、製造実演、できたて試食まで、豆づくしでお楽しみいただきます。

詳細、お申込みはこちら
お申込みは上記HPでのみ承っております(先着15名)。


1月 08 2021

【豆福の節分】「ふくまめ」で「豆ごはん」

豆ごはん

煎り大豆(ふくまめ)から手軽に「豆ごはん」をつくることができます。

乾物の大豆は水に浸して戻す時間が必要ですが、煎り豆は既に火が入っているので戻さずそのまま使用できます。香ばしさも加わって、おいしさもひとしおです。煎り豆であれば、黒大豆でも青大豆でも同様にできます。

●材料
・米 1合
煎り大豆 大さじ3
・水 200ML
・酒 大さじ1
・塩 少々
・昆布 ひとかけ

●つくりかた
材料をすべて炊飯器に入れて、いつも通りに炊けばできあがり。香ばしい風味が立ち込めます。


1月 08 2021

【豆福の節分】豆福の「ふくまめ」、3つのこだわり。


1月 08 2021

【豆福の節分】今年も、音更大袖振大豆(北海道産)の新豆をご用意しております。


1月 08 2021

今年の節分は2月2日です。

例年は2月3日ですが、明治30年(1897)2月2日以来124年ぶりに2月2日が節分になります。
詳しくはこちらをご覧ください。


1月 08 2021

【月替わりの豆・1月】とちおとめ苺アーモンド

161207_%e3%81%a8%e3%81%a1%e3%81%8a%e3%81%a8%e3%82%81%e8%8b%ba

苺とホワイトチョコだけでアーモンドを包みました。チョコレートとの相性を考えて、程よい酸味のとちおとめを選び、苺の濃さにもこだわりました。香料、酸味料、着色料は使用しておりません。

●とちおとめ苺アーモンド 756円(税込)
《取扱い店》
・豆福本店
・JR名古屋タカシマヤ店
・松坂屋名古屋店
オンラインショップ


12月 01 2020

【月替わりの豆・12月】柚子の香

甘夏の里

煮詰めた柚子をそら豆に糖衣がけしました。さわやかな香りと優しい甘さが、年の瀬の訪れを感じさせます。

●柚子の香 432円(税込)
《取扱い店》
・豆福本店
・JR名古屋タカシマヤ店
・松坂屋名古屋店
オンラインショップ


11月 20 2020

チョコレートドラジェ専門ブランド「カカオマルク」の5つの約束

1. 「ナッツ×チョコレート」のおいしさを最大化すること。
2. 奇をてらわず、素直においしく、他にはない唯一無二を目指すこと。
3. ナッツは最適な焙煎方法を選び、香り、甘み、食感を最大限に引き出すこと。
4. 大切な口溶けと安心のため、カカオバター以外の植物油脂、光沢剤を使用しないこと。
5. 最良のコンディションを保てる冷涼な季節の限定販売とすること(冬春限定)。


11月 20 2020

豆福が手掛けるチョコレートドラジェ専門ブランド「カカオマルク」

カカオマルクは、世界でも珍しいチョコレートドラジェ専門ブランドです。

チョコレートドラジェとは、ナッツを「カカオ(チョコレート)」で「丸く」包む菓子であることから、カカオマルクと名付けました。釜のなかでナッツを転がしながら、チョコレートを幾重にも重ねていくチョコレートドラジェの製法は、豆菓子の伝統的な技法を応用したものです。カカオ豆はもちろん、ナッツの扱いにも精通した専門店として、「ナッツを美味しく味わうためのチョコレート」をコンセプトに、その組み合わせならではの無限大の可能性に挑戦します。

今年は11月20日、11月30日、12月10日の3回に分けて、2種類ずつをご用意していきます。


« 前のページ - 次のページ »

ページの先頭へ