お知らせ

2016年1月

1月 20 2016

1/31(日)、豆福本店に鬼が来る!

DSC_0009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

節分間近の豆福本店に今年も鬼が登場します。怖い鬼ではありませんのでご安心ください。写真撮影にも気さくに応じてくれるようです。

●日時 1月31日(日)

・午前の部 11~12時

・午後の部 14~15時


1月 19 2016

ちょこ麗豆「第二弾」のご紹介

豆やナッツをチョコレートで包んだ、豆福ならではの「ちょこ麗豆」。

昨年11月に発売した3種に加えて、新たに4種が新登場です。「ちょこ麗豆」は、豆福本店内のチョコレート専用工房で、豆菓子の製造技術を応用した独自の技法でおつくりしています。

 

お濃茶・光黒大豆

お濃茶・光黒大豆

お濃茶に適した上質な西尾抹茶を惜しみなく使用し、チョコレートとともに練り上げて光黒大豆を包みました。

税込486円

 

バニラ珈琲マカダミア

エスプレッソ・アーモンド

エスプレッソ用に細かく挽いたコーヒー豆を抽出したチョコレートで、直火焙煎アーモンドを包みました。

税込648円

 

サンマスカット・ラムレーズンサンマスカット・ラムレーズン

爽やかなサンマスカット種レーズンにラム酒を効かせて、甘さ控えめのホワイトチョコで包みました。アーモンドと一緒にどうぞ。

税込756円

 

ほうじ茶玄米そら豆バニラ珈琲マカダミア

豊富なカカオバターによる滑らかな口溶けのなかに、バニラと珈琲が香ります。大粒のマカダミアナッツにふさわしい濃厚な味わいに仕立てました。

税込864円

 


1月 15 2016

「袖振大豆茶」のご紹介

袖振大豆茶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大豆のなかでも豆福が主として使用している北海道産袖振大豆をお茶専用に深煎りしました。急須で淹れるだけで、豆の甘味と香りをお楽しみいただけます。

●袖振大豆茶 432円(税込)
《取扱い店》
・豆福本店
・JR名古屋タカシマヤ店
・松坂屋名古屋店


1月 13 2016

国産落花生をめぐる状況について

現在、国産落花生は千葉県産が8割のシェアを占め、質量ともに圧倒的な優位を誇ります。しかしながら、産地では生産者の高齢化が進み、作付面積そのものが減少傾向にあります。このため、この数年は原料確保すら困難なうえ、価格の高騰にも拍車がかかり、2015年産は過去最低水準の収穫量にして、例年の2~3倍にあたる過去最高値という状況です。

この間、輸入品との原料価格差は5~8倍程度にまで開き(2015年9月、農林水産省)、国産落花生はもはや高級品になりつつあります。

このように、原料仕入と相場が極めて不安定な状況ではありますが、豆福は今後も良質な国産落花生にこだわります。


1月 10 2016

1/20(水)、豆福は装いも新たに生まれ変わります。

1939年の創業以来、豆福は全国でも珍しい工房併設の豆菓子専門店として、豆菓子をつくり続けてまいりました。

より幅広い世代のお客様に豆の美味しさを味わっていただきたいと考え、
この度、ほぼ全商品のパッケージデザインを刷新するとともに、新作も多数ご用意いたしました。新しい豆福にぜひおいでください。

豆福本店、JR名古屋タカシマヤ店、松坂屋名古屋店とも、1/20(水)より装いも新たな商品をお買い求めいただけます。


1月 09 2016

この冬に収穫されたばかりの新豆「ふくまめ」が煎りあがりました。

煎り風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ふくまめ」とは豆を煎っただけのものです。シンプルなものだからこそ、ごまかしがききません。豆福が考える最高の素材を、どこよりも手間暇かけて、どこよりも旨い「ふくまめ」に仕上げるという自負を持っておつくりしております。

豆福の「ふくまめ」3つのこだわり

  1.「素材」 この冬に収穫されたばかりの北海道産袖振大豆の新豆のみを使用

  2.「仕込み」 うま味を引き出すために丸四日間、数時間おきに水かけ吸水

  3.「焙煎」 最近主流の熱風焙煎ではなく、昔ながらの直火焙煎

ぜひお試しください。

 


1月 04 2016

【毎年恒例31年目】豆福名物「鬼の出前」、承ります

福の神に扮した豆福店主が、赤鬼、青鬼、弁財天を従えて、あなたの職場、学校、集いの場などに登場します。

鬼の出前

●日時:2月1日(月)9時~17時

●料金:4,320円(税込、ふくまめ付き)
●お申込み:電話(052-571-4057)、FAX(052-571-4138)、メールにて「1月20日(水)まで」承ります。ご住所、お名前、お電話番号、ご希望訪問時刻をお知らせください。

※お申込み多数の場合は抽選と致します。※訪問時間はなるべくご希望に合わせますが、ご希望に沿えない場合もございます。※誠に恐れ入りますが、出前は名古屋市内のみ承ります。


1月 04 2016

【毎年恒例27年目】「袖振大豆で仕込む、手作り味噌教室」のご案内

豆福が使用している北海道産袖振(そでふり)大豆で、味噌を仕込んでみませんか?

教室当日に仕込んだ味噌は秋から冬にかけて食べ頃になります(約3kg相当の味噌ができます)。確かな材料で丁寧に仕込む味噌は、市販品とは別物の美味しさです。

当日は、味噌の仕込みに加えて、豆を使用した手軽な料理も実演、試食いただけます。

MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

●講師:坂本廣子(サカモトキッチンスタジオ代表、料理研究家、プロフィールはこちら

※坂本先生の軽快なトークも好評で、この教室が26年続く理由のひとつです。
●日時:2016年2月9日(火)午前10~12時
●会場:愛知菓子会館3階(豆福本店向かい)
●費用:7800円(税込)【受講料および材料費2800円(税込)+手作り味噌キット(味噌3kg相当)5000円(税込)】、
●定員:40名
●申し込み期限:1月20日(水)まで。ただし定員になり次第、受付終了。
●申込方法:お問い合わせフォーム、電話(052-571-4057)、FAX(052-571-4138)のいずれかより、以下をお知らせください。
・お名前(参加者様すべてのフルネーム。ご参加はお一人でもグループでも可能です。)
・連絡のつく電話番号(グループの場合は代表者様)
・参加者様ごとの「味噌キット(味噌3kg相当)」必要数

ご不明な点がございましたら、豆福本店までお気軽にお問い合わせください。


1月 02 2016

【月替わりの豆】1月は「ごまめアーモンド」

胡麻、豆、アーモンドの素朴な取り合わせ。煎りたて熱々の大豆に自家製のタレを染み込ませて、胡麻と一味唐辛子を散らしました。細切りアーモンドとの相性が抜群です。

●ごまめアーモンド 432円

《取扱い店》
・豆福本店
・JR名古屋タカシマヤ店
・松坂屋名古屋店


ページの先頭へ