お知らせ

1月 24 2018

3歳頃までは豆、ナッツ類を食べさせないでください。喉に詰まる恐れがあります(消費者庁)。

事故件数は少ないものの、毎年、節分が近づくと豆を食べる機会が増えるので、豆菓子専門店としても注意喚起いたします。

「豆・ナッツ類は、窒息の危険があるだけでなく、小さな破片でも気道に入ったまま放置していると、気管支炎や肺炎を起こすこともあります。節分で豆まきをすることがあると思いますが、親の目の届かないところで子供が豆に近づかないよう注意し、後片付けも徹底しましょう。また、3歳頃までは、乾いた豆・ナッツ類は食べさせないようにしましょう(消費者庁)。」

 

※参考:窒息事故の詳細分析について(消費者庁)
●事故件数の多い食品
1.もち
2.ご飯
3.飴

●重症者が多い食品
1.こんにゃく入りゼリー
2.しらたき・糸こんにゃく
3.たこ


« »
ページの先頭へ